日本整形靴技術協会

第17回
日本整形靴技術協会学術大会
IVO JAPAN CONGRESS IN ASAKUSA

浅草大会

 

大会長ご挨拶

このたび第17回日本整形靴技術協会学術大会(浅草大会)の大会長を拝命致しました。

1973年に設立された国際整形靴技術連盟の加盟国代表団体である日本整形靴技術協会(IVO JAPAN)は、2004年に第1回学術大会を東京で開催し現在に至ります。
この歴史ある学術大会の企画運営をお引き受けしたことは、誠に光栄であると同時に身の引き締まる思いです。

さて東京開催は6回目となり、今回の会場は台東区民会館です。ここは国内外からの観光客が訪れる雷門で有名な浅草寺のすぐ隣に位置し、また台東区浅草は言わずと知れた「靴のまち」です。企画~製造~流通まで、靴のすべてが揃っている靴のメッカです。
またシューフィッターの本部(FHA)もここ浅草にあります。

そこで「靴」というキーワードのもと、IVO・FHA・製靴業界の3者が集合したイベントにしたいと思っています。

現在は様々なアイデアを出して検討中ですが、参加者が楽しく、ためになる、また来たくなる大会にしようと実行委員会一同、頭をひねっています。ぜひ皆様からもアイデアを頂戴したいと思います。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

大会長 阿部 薫 (新潟医療福祉大学)